macOS Big Sur 11.2 アップデート で不具合解消へ(しかし・・・

Apple
AppleHow to
スポンサーリンク

macOS Big Sur 11.2アップデート

AppleよりmacOS Big Sur 11.2アップデートの配布が開始されました。
これにより私も被ってきたMac mini、macOS Big Surの不具合の解消が期待されます。

特にMac mini外部モニター問題、Bluetooth電波障害の解消の部分が気になるところですね。

macOS Big Sur 11.2を適用すると、Bluetoothの信頼性が向上するほか、以下の問題が修正されます:

Mac mini(M1、2020)にHDMI-DVI変換アダプタを使用して外部ディスプレイを接続すると、画面が真っ暗になる場合がある

“写真”アプリケーションでApple ProRAWの写真の編集内容が保存されない場合がある

iCloud Driveのオプションで“‘デスクトップ’フォルダと‘書類’フォルダ”を無効にすると、iCloud Driveがオフになることがある

システム環境設定で管理者パスワードを入力してもロックが解除されない場合がある

地球儀キーを押しても“絵文字と記号”パネルが表示されない場合がある

一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。
このアップデートについて詳しくは、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/kb/HT211896
このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/kb/HT201222

ピンクノイズは改善しませんでした。

残念ながら私の環境ではM1 Mac mini本体のHDMIポートからモニタのHDMIポート直接つなぎで発生するピンクノイズの症状は今回のアップデートでは改善しませんでした。

対象方法などは「こちらの記事」をご覧ください。

スポンサーリンク
kotatsuをフォローする
こたらぼ

コメント